事故は、自分自身だけの事故と誰か別の人に迷惑をかけた自動車の事故があります。己だけの事故の状況では自分自身が事故対応をしたら終了となりますが、他人が関与した車での事故は互いにどれだけの過失があったのかを分析しこれにより故障した車の修復のお金が和解金がいくらになるのかなどが確定しますので自動車の保険屋さんの担当の方を交えての交渉が必要となります。普通の事故で、相手だけでなく自分にも落ち度がある時が大部分で片方だけの手落ちを言及する場合は多くありません。言うまでも無く赤信号で進んでしまった、一時停止で止まらなかったなどはかなり大きな落ち度になりますが、被害を受けた側にも注意不足があると言われます。車の事故の時にはどの運転手の間違いが原因かという結果がすごく大事になるのでこの判断を誰にも分かりやすく伝えるのが『過失割合』と呼ばれるものです。例として、上記の赤信号で止まらなかったり、一時停止無視状況では法であれば相手に完全な間違いがあるように思えますが、この状況で事故の原因になった車が前から来ており見て確かめられる場面では事故の被害者でも注意が足りないとされ10%ほどのミスがあると認められる可能性もあります。つまりその状況では事故を起こした人が9割自分が1割過失の割合となり過失が大きいとそれに応じたミスが問われるのです。もっといえば事故の過失の割合車の事故の判例を参考にして決められる状況が大半で日弁連の交通事故相談センターから公にされている表のようなものが基準として用いられています。このような過失割合で、数値が高いほど責任結果として賠償しなければいけない額も大きくなると判断されるので、事故後の交渉は事故当事者だけでなく自動車保険の担当の人に加わってもらってきっちりとやり取りすることが必要です。