破産申告で抱えている借り入れに関してほかに保証人を立てているときには、事前に相談しておいたほうがいいでしょう。強調しておきますが保証人となる人物を立てている場合は、破産宣告の前段階でちょっと検討しておかなければなりません。自己破産をしてOKが出れば、保証人となる人がそれらの借り入れをすべて支払う必要があるからです。ということから、自己破産手続き以前に保証人である人に、それらの詳細や現在の状況について説明して、お詫びの一つもなくてはなりません。保証人となる人からすれば当然のことです。友人等のあなたが破産申告するのが原因で自動的に高額の借金が発生してしまうわけです。そして、それからの保証人である人の選べる手順は以下の4つです。一つめは、あなたの保証人が「全額返金する」ということです。あなたの保証人がそれら多くの金額を問題なく支払うことができるほどのようなキャッシュを用意していれば、この方法が選択できるでしょう。ただその場合は、あなたが自己破産せずあなたの保証人に借金して、あなたは保証人である人に定額返済をしていくという方法も取れるかと思います。保証人がもし親しい関係にあるなら、ある程度弁済期間を繰り延べてもらうことも問題ないかもしれません。たとえまとめて弁済不可能な場合でも相談すれば分割での返済に応じてくれるかもしれません。あなたの保証人にも破産による整理をされてしまうと貸金が一円も返らないことになるからです。保証人があなたの返済額を代わって払う財力がなければ、お金を借りたあなたとまた同様にどれかの債務整理を選択が必要になります。2つめは「任意整理をする」ことです。この方法の場合相手方と話し合いを持つ方法によって、数年の年月で返済する方法です。実際に弁護士事務所にお願いする際の費用は1社につき約4万円。合計7社から借り入れがあるなら28万円ほどかかることになります。もちろん貸した側との話し合いを自分でやってしまうこともできないことはないかもしれませんが経験や知識がない方の場合向こうが自分たちに有利な内容を用意してくるので気を付けた方がいいでしょう。それと、任意整理してもらうとしたとしても保証人である人にお金を代わりに払ってもらうことになるのですから借金をしたあなたは時間がかかるとしてもその保証人に支払いをしていくべきです。続いて3つめは保証人となる人も破産した人といっしょに「破産を申し立てる」場合です。保証人となる人も返せなくなった人といっしょに自己破産を申し立てれば、保証人となっている人の負債もなくなります。ですが、保証人が土地建物等を所有している場合は該当する財産を失ってしまいますし、資格制限のある職務にある場合などは影響があります。個人再生という処理を利用できます。最後の方法の4つめですが「個人再生という制度を使う」方法があります。マンション等の不動産を残したまま債務の整理をしたい場合や自己破産手続きでは資格制限に触れるお仕事にたずさわっている場合に有効なのが個人再生制度による整理です。この方法の場合、自分の住宅は処分する必要はありませんし、自己破産のような職種にかかる制限資格に影響する制限が一切ありません。