クレジットを店舗等において決済する場合に、一度は思ったことがあるのではないかと思いますがレジの人がわかっていないためにいったいどの明細をカード利用者に対して渡せば良いのか迷っている時があるかと思います。というのも、クレジットを機械に通すとの方から3枚1組の使用明細が発行されるためこのレシートのどちらを利用者の方に差し出して良いのか判断できないというケースがあるのです。複数枚の紙の意味→それではこの3枚1組の利用レシートの正体とはとはどういうものかということの概要は、以下の通りです。1客へ渡す明細レシート。2店舗控え用の明細レシート。3カード会社控え用の明細レシート(サインをする紙)。普通であれば必ずカード利用者の方に保管して頂く利用レシートを受領するはずなのですがたまに店舗控え使用レシートを客のもとへ間違えて渡す場合や、署名した側のレシート自体を渡すようなというようなパターンも見受けられます。このケースはバイトの従業員であったり、さほどカードが使われるケースの少ない店舗等の会計でカードを利用する際そのような店舗従業員の心の乱れを体験できるだろう。いつか店員が違う方の明細レシートを提示してきた際には、怒らずに「間違ってますよ」と教育してあげてください。