自賠責保険は正しくは自動車損害賠償責任保険と呼び、通称自賠責保険と言われるものになります。このような自賠責保険は属に、強制保険と言われ、自動車を決められた期間ごとの車検に通す際は決められた車検の期間に自賠責保険に加入していなければなりません。言い換えれば全ての車が加入していなくてはならない保険なのです。それでは自動車が自賠責保険に入ったまま売却した時にはどうなるでしょうか。自賠責保険は車検のときに更新をする場合が存在しますが、もし自動車損害賠償責任保険に入っている自動車を手放した場合は保険料が返金されることはなかなかないでしょう。というのは、自賠責保険の効力を一回消して、次の所有権を持つ人移すことは多少面倒なのです。そのため自動車損害賠償責任保険の場合は名義変更をした後に自動車と一緒に渡すということが一般的です。ただ、それと同じだけの額を代金に乗せてくれます。強制保険というのは自動車税と違い、既に納めた金額を月々で割り算した金額が返還されるわけではなく見積額に上乗せといったような方法をとることが普通ですが、こういった内容が査定書に明記されるようなことは珍しいです。ですので売却のときには強制保険の金額が買取金額に反映されているかを確認するようにしましょう。自分が納めた保険料がどれだけかということを知っておけば見逃すことはないでしょう。自賠責保険の額は加入していた期間次第で変わってくるものですから注意してください。クルマの買取の際には自賠責の名義を書き換えしなければなりません。これをしていなければ、保険会社より自分宛に自賠責の満期お知らせが来てしまいます。売却を検討中のマイカーが少しでも損をせずに評価されることを応援したいと考えています。