自動車の保険にはこの記事をお読みの方もご存知だと思うのですが、等級というランク付け存在します。正確にはノンフリート等級別料率制度と呼ばれ、保険の料金にかなり多大に関係しています。等級とは、車の保険に加入している人の公平な負担を可能な限り担保することを目的としており自動車事故を発生させてしまう可能性あるいは車の損害保険を利用する現実味が大きければ大きいと考えられるほど月々の掛金が値上げされます。その反対に交通事故を起こす可能性がより少なくクルマの保険を使うと考えにくい利用者は、優良被保険者であるだろうと判断され、月額の掛金が安くなります。安全にマイカーを運転する加入者の方がそうでない人より有利なシステムとなっており、アクシデントを発生させてしまいやすい被保険者には多少不都合なシステムであるといえるでしょう。等級は、優良加入者と事故の確度が大きい被保険者の掛金が一緒だと割増で払わされていると考えてしまう人が多数なので、会社としても支払額を減少させるためにどうあっても必要な機構だといえるでしょう。等級とはどのような制度なのか簡潔に明らかにいたします。まずは等級には1等級?20等級まで定められ、数が上がると保険の料金が低廉になる仕組みになっています。さらには、1等級?3等級については低廉にならず逆に値段が上がりトラブルを引き起こし、クルマの保険を適用すると三等級下がりより負担が増加した車の損害保険を納めていくことになってしまいます。最後に、まったく新たに保険に申請するケースにおいては6等級からスタートになり、その時から自分の級が低くなっていくのか上がるのかは運転手によります。そのため保険の料金を安価に抑えたい運転者は交通事故を生じさせないように日々安全な運転に努めていくのがまずは一番大事だといえるでしょう。