全損とは名称の通り車の全機能が故障してしまう状態で、結論として走行が出来ないような自動車としての働きを果たさなくなった場合に言われますが保険で決められている「全損」は少なからず異なった意味が含まれています。乗用車の保険においては車が破壊された時には全損と分損のように2つの状態分けられ【分損】は修復の費用が保険金内でおさまる時を指しそれとは反対に《全損》とは修復費が補償額を上回る場面を示します。通常では、乗用車の修理で(全損)と言われると車の心臓となるエンジンに取り返しのつかない破損を受けたり、自動車のフレームが歪んでしまって修復が難しい場合再利用か処分にするのが通常です。けれど、事故が起きて修理業者や自動車保険会社がかかる修復費を見積もった際に、例え表面的に美しく元に戻すことが可能な状態でも修理の費用が補償額よりも高ければなんで乗用車の保険お金を負担しているのか分からないです。こういう状況では《全損》としてマイカーの所有権を自動車の保険屋さんに渡し補償金額を負担してもらう事になっています。もちろんそれなりの期間使用した自分の車で愛情があり自分で修理をしてでも乗りたいと思うドライバーはたくさんいますので場面によって自動車保険会社と話すといいのかもしれません。また、自動車保険の種類によってはそういった場面のために特約等『全損』のために特約がある状態がいっぱりあり、たとえ車が(全損)なっても新しく車を買うなどの経費を一部分もってくれる場面も実在したりします。なおかつ盗まれた際の補償金の特約をつけている場合、盗まれた愛車がなくなった場合も《全損》と扱われ補償金が払われることになります。