自動車を手放すとき、車の査定時も印鑑証明が必要です。ハワイ旅行記

この印鑑証明という書類に関して解説していきます。ハワイ旅行記&持ち物準備のコツ

印鑑証明という書類は実印として認められていることを証明する書類です。

この印鑑証明がないのであれば、その印鑑に関して実印で間違いないことが証明できません。

個人にとっては相当高額な取引になる車両の売買なのでどうしても実印が必要ですが、それと一緒に印鑑証明が必要となるのです。

役所で印鑑証明をつくるためには、あらかじめ印鑑証明をしておかなければなりません。

印鑑証明に登録する印は実印と呼ばれていて、同じものが二つとないハンコである必要があります。

実印を準備して、最寄の市役所などの担当部署へいけば、印鑑登録できます。

手続きが終わると印鑑登録カードがもらえて印鑑登録手続きをした印鑑は実印として認められたということになります。

印鑑証明、正確には印鑑登録証明書を交付してもらうためには市役所などの受付で、専用の用紙に必要事項を埋めて印鑑登録カードを出すだけです。

他にも自動交付機を使って交付してもらうことができます。

印鑑証明には有効期限はありません。

なので、いつ取得した印鑑証明でも効力は半永久的に持続するのです。

ですが車売却の際は印鑑証明は3ヶ月以内に交付されたものとされています。

ほとんどの場合有効期限を気にする必要はないのですが、中古車買取の際は、相手側が必須となる有効期限を教えてくれるので、仮に中古車買取予定の車があるのであれば手放す前に手元に置いておくとスムーズに進みます。